■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■2009/09/1(火)の日記

●昨日の相場状況(8/31の朝5:30~9/1の朝5:30)
ドル/円。
スタートと同時にグングン円高へ進み、11:00過ぎには92円60銭を割り込むところまで下落。
短時間で約1円もの円高となりました。

しかし12:00頃からは反転し円安へ。
20:00頃まで押し目らしい押し目もなく上昇し、93円30銭ほどまで回復。

その後は上がったり下がったりを繰り返しつつ、今朝の時点では93円10銭ほどとなっています。


ユーロ/円。
朝から11:00過ぎ頃までは大きく円高へ進み、一時は132円20銭を割り込むところまで下落。

しかしそこからは反転し、右肩上がりに上昇していきました。

とはいえ朝の水準(133円後半)まで戻ることはなく、今朝の時点では133円40銭ほどとなっています。


ポンド/円。
ユーロ円と似たような動きで、午前中は大きく円高へ、午後からはジワジワと円安へ、という動きでした。
なんとか150円を割らずに済み、跳ね返しています。

今朝の時点では、151円60銭ほどとなっています。




●今日の相場予測
ドル/円。
民主圧勝という歴史的イベントを受けての昨日でしたが、朝はドル円・クロス円ともに軒並み下落。
午後からは無事円安に進んだもの、やや意外な展開でした。

さて今日の相場予測ですが、昨日の午後の流れを引継ぎ円安気味に推移するのではないかと見ています。
上昇目処は、93円60銭ほど。

ただ、米国株も下がっていますし楽観はできません。
92円60銭を割ってくるようならば、再び円高への動きが活発化しそうです。


ユーロ/円。
昨日、132円を割らずに跳ね返したということもあるので、今日は円安へ進むのではないかと予測します。

上昇目処はちょっと立てづらいのですが、、、
あえて言うとすれば134円40銭あたり。


ポンド/円。
こちらも、重要ラインである150円できっちり跳ね返しているので、今日は円安気味な展開になるのではないかと。

上昇目処は152円40銭あたり。

プロフィール

cranky

Author:cranky
日々の相場予測をつらつらと書いているFXブログです。

(本サイト)FX初心者向けFX必勝法講座
FXとは何か、FX取引の始め方、FXで勝つ為の心構え、効率的な取引などをまとめたサイトです。

厳選FX会社ランキング

■1位 フォーランドフォレックス
管理人も愛用中の口座。 業界トップのスワップ金利の高さに加え、その他各スペックのバランスも非常によく、管理画面も非常に使いやすい。

■2位 ひまわり証券
最初にFXを一般解放した、業界のパイオニア。 知名度・信頼度ともに抜群で、顧客からの預かり残高は業界No.1。

■3位 外為オンライン
取引コストが非常に安く、かつスワップ金利もトップクラスの高さを誇るという、両方を兼ね備えた珍しい会社。 利用者が急激に伸びている。

■4位 セントラル短資
業界最高水準のスワップ金利が得られる上、未決済のポジションでもスワップだけ別で受け取れるというセントラル短資独自のサービスを提供。

■5位 サイバーエージェントFX
アメブロなどで有名なサイバーエージェントグループが運営する業者。 1000通貨単位から取引が可能な数少ない業者でもある。

■6位 FXトレーディングシステムズ
米ドル/円で0.5銭、ユーロ/円で0.9銭という激低のスプレッドを誇る会社。 デイトレードを中心に行なうならば是非持っておきたい口座。

■7位 マネーパートナーズ
FX専業業者として最初に上場を果たした会社。 100円から投資できる、という画期的なサービスを備えているので、FXを初めてやる人やFX初心者にも最適。

■8位 クリック証券
テレビCMでもお馴染みの会社。 ドル円のスプレッドがなんと0銭~で、その他も軒並み低いスプレッドとなっており、取引コストが圧倒的に安い。

■9位 外為どっとコム
おそらく、知名度という点ではダントツのトップなのが外為どっとコム。 初心者~上級者から幅広く人気があり、口座開設数においては業界No.1。

■10位 FXプライム
国内最大手商社である伊藤忠グループが運営するFX会社で、ブランド力・信頼感は文句なし。 口座開設を一度済ませるだけで、9つのコースが選択可能。

詳しくはこちら(FX会社一覧)

チャート

サイバーエージェントFXブログパーツ

重要経済指標一覧

外為オンラインブログパーツ

為替ニュース

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。