■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■2009/10/13(火)の日記

ブログ更新の方、いきなり途絶えてしまい済みません。。

唐突なんですが、更新形式についてちょっと悩んでしまい、ただいま模索しているところでして・・・
更新が止まっている間もご訪問くださった方々、ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ありませんでした。


今後の更新についてですが、本サイトである「FX初心者向けFX講座」にて行なっていく予定です。

何卒よろしくお願い致します。


そういえば、、、
相変わらずポンド劣勢ですね。。

ユーロが素直に伸びていきそうな勢いなので、ユーロ円中心に攻めてみようかなどと考えていたりする今日この頃です。
スポンサーサイト

■2009/10/5(月)の日記

●先週金曜日の相場状況(10/2の朝5:30~10/3の朝5:30)
ドル/円。
朝から夜までは、89円20銭~89円60銭の狭い範囲を行ったり来たりしている状態でした。

しかし21:30の米雇用統計発表時にやはり大きく動き、一気に80銭ほど下落。
そして、直後に反発して1円以上上昇し、一時的に89円90銭ほどまで円安が進みました。

その後は小康状態を保ち、先週は89円80銭ほどで取引を終えています。


ユーロ/円。
こちらも夜までは、同じようなところをウロウロするという展開が続き、130円を挟んで小刻みに上下していました。

そして21:30の米雇用統計発表の影響により急落が発生。
129円丁度まで下落しました。

直後には反発し、131円20銭まで上昇。

深夜から早朝にかけてはやや下がり、先週は130円90銭ほどで取引を終えています。


ポンド/円。
朝から夕方までは142円台をウロウロする展開が続きましたが、夕方から夜にかけてやや円高方向へ動きました。

さらに米雇用統計発表時には急落が発生し、140円60銭ほどまで下落。

その後は反発して円安方向へ進み続け、先週は143円10銭ほどで取引を終えています。




●今日の相場予測
ドル/円。
昨日行なわれたG7にて、ドル安のまま放置せず各国が協力して相場の安定を図る、ということで合意がなされました。

雇用統計の悪化による急落があったとはいえ、直後に買い戻されていることや、このG7での合意の影響などがあり、本日はやや円安気味に推移するのではないかと見ています。

上昇目処は90円20銭。
まずはここに到達できるかどうか。

ただし、89円40銭を割ってくるような展開になると、再び円高方向への動きにも警戒する必要が出てきます。


ユーロ/円。
同じく、円安へ進むと予測します。

とはいえ、131円後半のゾーンに壁があるのが気になるところ。
時間足でチャートを見た場合に、何度もここで跳ね返されています。

まずは、この131円後半のゾーンを無難に超えてくるのかどうかに注視したいです。
超えるようならば、円安への動きが強まると見て買いに動こうかと。


ポンド/円。
こちらも円安に進むと予測します。

とりあえずの上昇目処は144円40銭。
この壁を超えられるかどうかがポイント。

142円を割ってくるようならば、再び円高へ進む可能性が強まってくると見ています。

■2009/10/2(金)の日記

●昨日の相場状況(10/1の朝5:30~10/2の朝5:30)
ドル/円。
朝から昼過ぎまでは円安へ進み、14:00過ぎには90円の大台に乗せてきました。

しかしその勢いもつかの間、夕方から夜にかけては停滞した動きとなり、さらに21:00頃からは円高へと動き出しました。

その後も円高気味な推移が続き、今朝の時点では89円60銭ほどとなっています。


ユーロ/円。
円高一辺倒な動きとなった一日でした。

朝から夕方にかけては131円台を上がったり下がったりしていましたが、16:00頃からは大きく崩れだし、円高方向へまっしぐら。
ちょっとした上昇を挟むこともなく下落し続けました。

今朝の時点では、130円30銭ほどとなっています。


ポンド/円。
朝から18:00頃までは円安気味に推移し、144円20銭まで上昇しました。

しかしそこから反転し、大きく円高方向へ。
深夜から早朝にかけても下落し続けました。

今朝の時点では、142円90銭ほどとなっています。




●今日の相場予測
ドル/円。
89円30~40銭あたりで跳ね返すことが多いここ最近。
まずは、このラインを死守できるかどうかがポイントになりそうです。

そしてなんといっても、本日注目なのは21:30発表の「米雇用統計」。
重要経済指標の中でも特に大事な指標で、発表時には大きく相場が動くことが予想されます。

21:30前後の相場変動には要注意です。


ユーロ/円。
しばらく停滞していた130円60銭~132円のレンジを下に抜け、かなり弱くなってきている印象です。

よって、今日も円高気味な推移になりそうですが、ここ最近は方向感のない動きが多いので要注意。

そして、21:30発表の米雇用統計の影響で、ユーロ円も激しく乱高下する場面が出てきそうです。


ポンド/円。
引き続き様子見で。
こちらも、米雇用統計の影響を受けて激しく動く場面があると思われるので要注意です。

■2009/10/1(木)の日記

●昨日の相場状況(9/30の朝5:30~10/1の朝5:30)
ドル/円。
朝から大きく円高へ進み、東京市場滞在中は下落を続けました。
結局約1円もの大幅な下落で、89円40銭ほどまで値を下げました。

ロンドン市場へ移行する16:00あたりからやや持ち直し、円安気味な展開へ。
しかしそれほど大きな回復はありませんでした。

今朝の時点では、89円70銭ほどとなっています。


ユーロ/円。
多少の戻りを挟みつつも、朝から夜まで円高へ進み続けました。

朝の時点では132円ほどでしたが、23:00頃には130円60銭ほどまで下落。
しかしそこからはやや円安方向へ向かいだし、今朝の時点では、131円30銭ほどとなっています。


ポンド/円。
朝から22:00頃までは143円40銭~144円40銭の範囲を行ったり来たりしていました。

しかし22:00頃から崩れ始め、下方向(円高方向)への勢いが強まり、142円80銭まで値を下げました。

深夜から早朝にかけてはやや上昇し、今朝の時点では143円30銭ほどとなっています。




●今日の相場予測
各通貨、方向感のない動きが多いように思えます。

おかげで僕も、変なところで手を出しマイナスを叩いてしまう場面が目立ったり・・・・
非常に予測が立てにくい状況。。

そんなわけで、今日・明日はそんなに手を出すこともなさそうですが、重要な動きだけは抑えておこうと思います。


とりあえず、ドル/円は89円20銭を割るのかどうか。
ここを割ると、再び円高への動きが強まるかと。


ユーロ/円は、ここしばらくの間130円60銭~132円くらいの範囲でウロウロしているので、これをどちらの方向に抜けるのかどうかに注目しておきたいです。


ポンド/円は・・・・・
強いのか弱いのか微妙なところになってきたので、様子見で。

■2009/09/29(火)の日記

●昨日の相場状況(9/28の朝5:30~9/29の朝5:30)
ドル/円。
ここ最近特にめぼしい理由もなく円高に進み続けたこと、そして、あれだけ円高容認発言を繰り返してきた藤井財務相が、昨日になって「円高是認とは言っていない」と少し言うことが変わり始めたことなどもあってか、午前中の急落を切り抜けた後は円安へと方向転換し、約1円もの反発となりました。

今朝の時点では、89円60銭ほどとなっています。


ユーロ/円。
朝方に大きく値を下げ、一時的にとはいえ130円を割ってしまいました。

しかし、そこからは反転してジワジワと円安へ。
安定的に上昇していきました。

今朝の時点では、131円ほどとなっています。


ポンド/円。
朝方の急落で一時的に140円割れとなったものの、その後は安定した動きで円安へと進みました。

142円40銭のラインで小刻みに跳ね返され、結局ここを越えることは出来ず。

今朝の時点では、142円30銭ほどとなっています。




●今日の相場予測
ドル/円。
今日どう動くのかはちょっと微妙なところですが、中期的な視点で見れば、87円を目指す形で円高の流れが続くと見ています。

僕も当然売り戦略で攻めていますが、とりあえず90円50銭あたりにストップを入れて、ここまで上がってきたら一旦諦めるような形です。


ユーロ/円。
ドルの動きに影響を受けやすい状況にあるかと。
一旦ユーロに手を出すのはやめておこうと思います。
様子見で。


ポンド/円。
こちらも、中期的な視点で見れば円高が継続すると見ています。
今週中には、再び140円を割るところまで下がってくると予測しているのですが・・・・・

こちらも売り戦略で攻めていますが、今の安定的な上昇を見ていると自信がなくなってきたので、143円20銭くらいにストップを入れておき、ここまで上がってきたら一旦買い戻して損切る覚悟です。

プロフィール

cranky

Author:cranky
日々の相場予測をつらつらと書いているFXブログです。

(本サイト)FX初心者向けFX必勝法講座
FXとは何か、FX取引の始め方、FXで勝つ為の心構え、効率的な取引などをまとめたサイトです。

厳選FX会社ランキング

■1位 フォーランドフォレックス
管理人も愛用中の口座。 業界トップのスワップ金利の高さに加え、その他各スペックのバランスも非常によく、管理画面も非常に使いやすい。

■2位 ひまわり証券
最初にFXを一般解放した、業界のパイオニア。 知名度・信頼度ともに抜群で、顧客からの預かり残高は業界No.1。

■3位 外為オンライン
取引コストが非常に安く、かつスワップ金利もトップクラスの高さを誇るという、両方を兼ね備えた珍しい会社。 利用者が急激に伸びている。

■4位 セントラル短資
業界最高水準のスワップ金利が得られる上、未決済のポジションでもスワップだけ別で受け取れるというセントラル短資独自のサービスを提供。

■5位 サイバーエージェントFX
アメブロなどで有名なサイバーエージェントグループが運営する業者。 1000通貨単位から取引が可能な数少ない業者でもある。

■6位 FXトレーディングシステムズ
米ドル/円で0.5銭、ユーロ/円で0.9銭という激低のスプレッドを誇る会社。 デイトレードを中心に行なうならば是非持っておきたい口座。

■7位 マネーパートナーズ
FX専業業者として最初に上場を果たした会社。 100円から投資できる、という画期的なサービスを備えているので、FXを初めてやる人やFX初心者にも最適。

■8位 クリック証券
テレビCMでもお馴染みの会社。 ドル円のスプレッドがなんと0銭~で、その他も軒並み低いスプレッドとなっており、取引コストが圧倒的に安い。

■9位 外為どっとコム
おそらく、知名度という点ではダントツのトップなのが外為どっとコム。 初心者~上級者から幅広く人気があり、口座開設数においては業界No.1。

■10位 FXプライム
国内最大手商社である伊藤忠グループが運営するFX会社で、ブランド力・信頼感は文句なし。 口座開設を一度済ませるだけで、9つのコースが選択可能。

詳しくはこちら(FX会社一覧)

チャート

サイバーエージェントFXブログパーツ

重要経済指標一覧

外為オンラインブログパーツ

為替ニュース

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。